まさかのま
FC2ブログ

サラリーマンの一般的な小遣いの額ってどのくらい?!

職場で、
係長がおもむろに、
世間の既婚者の小遣いは、
いったいどれくらいが相場なの?!
聞いて来ました。

この度、
2人目が生まれ、
奥様が専業主婦になるかもということで、
小遣いの減額を言われたそうです。

これまでは、
共働きで奥様の方が、
お給料が上だったそうです。


今までは、
お昼代込みで、
1カ月5万で、
ボーナス時も5万だったそうです。

それを、
1カ月3万、
ボーナス時は0と言われたそうで、
それに承服できないので、
世間一般はこんなものだと、
奥様に納得させるべく、
リサーチすることにしたんだとか。


ちょうど事務所にいた、
数人の既婚者と私とでいろいろはなしました。

男性陣は、
係長に同情的で、
それは酷いと言いますが、
私は奥様の気持ちがとってもわかります。

これからのことを考えれば、
夫にも協力してもらって、
家計をやりくりしないといけない訳です。

多分最初のとっかかりなので、
奥様もオーバーな要求を言ってみただけでは?!
とも思ったんですけど。

男性陣は、
モチベーションが下がって、
仕事に影響するとか言っていました。

まあね、
それも一理あるかとも思いました。


でもね、
うちの夫も、
一時とっても少ない時期がありました。

可哀想だなと思ったものの、
子供にお金がかかったので、
我慢してもらったものです。

その時に夫は、
文句も言わず?!言えず?!
受け入れていました。


夫はもういい歳なのに、
いまだに月5万の小遣いで、
お昼代・タバコ代・おやつ代・飲み会代を、
やりくりしています。

30代前半の係長の話を聞いて、
我慢してくれた夫を見直しました、
文句言いたかっただろうにね・・・


参加しています
よろしくお願いします








10連休が嬉しくない年頃になりました

私も世間の一般的な方と同じく、
GWは10連休です。

職場の事務方以外の部署は、
365日稼働する仕事なので、
当然シフトの勤務があります。

10連休があるのは、
今の事務所では、
私と上司の二人です。


他の部署の方に、
10連休で良いねえ~、
と言われるけど、
全くもって良くもなんともないです。

10連休じゃない人から見れば、
なんて贅沢な!
って怒られそうですけど。


でも、
もうこの歳(アラ還)になると、
こんなにお休みはいらなくなります。

もう子供たちはいないので、
夫と二人きりです。

人の多い所には、
とてもじゃないけど、
出かける気にはありません。

旅行には最適なんでしょうが、
お金がないから行けません。


10連休よりは、
3連休を3回いただいた方が、
よっぽど嬉しいし有意義に過ごせます。


そうは言っても、
10連休なので仕方ありません。

お金を使わずにいるために、
どうしようかと悩んでいました。

まったくどこにも行かず、
ずっと家で過ごすっていうのも、
有りかとは思うんですが、
それもなんだかねえ・・・


結局、
夫は夫の実家、
私は私の実家、
2~3日だけ行くことになりました。

親たちも元気だけれども、
高齢なので、
会える時に会っておかないと、
そう思いますから。


実家に行く以外は、
お金を使わずに過ごしたい!

やはり家にこもって、
掃除にでも励もうかと思っています。


ホント、
10連休は長いです・・・


参加しています
よろしくお願いします





今週末はアウトレットモールへ行くことに

夫の転勤で、
ある地方都市にいた頃の、
ママ友と数年ぶりに会うことになりました。

子供たちが幼稚園前に通っていた、
体操教室で知り合ったので、
かれこれ25年の付き合いになります。

お互いに転勤したので、
実質は5年くらいの付き合いでした。


今は電車で2時間くらいの距離で、
会おう会おうと言いつつ、
最近は数年開いてしまっていました。

そして遂に、
今週末に会うことになったんです。


私としては、
これまで通り、
中間地点の繁華街で、
ランチとお茶だろうと思い、
予約でもしようかと思っていたところ、
彼女から、
アウトレットモールに行きたいとの要望がありました。


昔はね、
彼女と一緒だった頃は、
夫は残業三昧だったので、
そこそこの暮らしをしていました。

子供にも自分にも夫にも、
お金をかけていた頃です。

彼女のおうちは、
ご主人が大手証券会社のお勤めだったので、
うちよりももっとすごかったです。

それに二人とも、
なんたって、
バブリー世代ですから・・・

昔の昔の話です。


今のうちは、
衣服は一番不要なもので、
楽天市場やユニクロで十分なんです。

今さら、
アウトレットモールに全く興味もないし、
はっきり言って、
買うものもありません。

正直な気持ちとしては、
行きたくない!

しかし、
彼女はとっても行きたいらしいし、
これまで私の都合で、
会うのが延びてしまったこともあります。

今回は、
彼女の気持ちを最優先で、
行ってこようと思っています。


同い年なのに、
まだアウトレットモールに行って、
買い物がしたいと思う彼女は、
まだまだ若いってことですね。

お金の使い方は見習えないけど、
いつまでも若い気持ちは見習う価値あり?!


参加しています
よろしくお願いします





ぬか喜びだった確定申告の還付金

郵便の特定記録で、
税務署から書類が届きました。

確定申告で、
何かヘマをやらくした?!
とドキドキしながら開けてみると、
案の定やっていました。


最初に書類を読んでも、
なんのことやら?!?!
だったんですが、
よくよく読んで、
添付書類を比べてみると、
私のケアレスミスというか、
計算間違いでした・・・


夫の収入が、
一昨年より失業前の、
これまで通りの収入に戻ったので、
数年ぶりに所得税の予定納税をしなければいけませんでした。

この予定納税は、
第3期まであって、
第1・第2期を年内に支払って、
確定申告で増減を相殺して、
第3期を支払うようです。

 
税務署からの書類をよくよく読めば、
なんてことないのに、
慌て者の私は、
第1と2期しか支払ってないのに、
書類に記入された第3期も入った金額を、
確定申告に入れていました。

それで、
間違いが分かって、
税務署から修正の連絡がきたわけです。


間違えた確定申告で、
還付金が3万ほどあって、
喜んだのも束の間、
正しくは8万弱の支払いとなりました・・・


よく見て計算すれば、
こんな簡単な計算間違いなんて起こらないはずなのに、
書類の最初の金額だけで思いこみ、
ヘマをやってしまいました。


今月中の支払の、
振込用紙も同封されていました。


不幸中の幸いは、
GWで今月のお給料日が26日、
なんとか間に合いそうです。


それにしても、
なんやかんやで出費が続く、
我が家の家計、
落ち着く時はまだまだ遠いです。


参加しています
よろしくお願いします





落とし物が戻りました一部だったけれど

数週間前に、
会社の送別会で、
悪酔いをして記憶をなくし、
持ち物も失くしました。

戻らないだろうとは思いましたが、
とりあえず交番に届けを出しました。


なんと数日後に、
警察署から落とし物が届いていると、
電話がかかってきました。

失くしたものの中に、
通帳があったので、
それで身元がわかったんでしょう。

世の中には、
わざわざ届けてくれる親切な方がいました。


警察署の落とし物係は、
平日の9~5時ということ、
地元の警察署なので、
平日は仕事何で、
なかなか行けなかったんですが、
本日他の用もあったので、
お休みをもらい、
引き取りに行って来ました。


警察署では、
電話で受付番号を言われていたので、
それをお伝えしました。

すると、
現金は金庫に保管してあるので、
少し待つように言われました。


現金もあったんだ!!!

現金はほぼ諦めていたので、
逆にビックリしました。

その現金も、
失くした時の金額でした。

ホントに、
良い人が拾ってくださったようです。


そして、
書類処理が終わると、
御礼を支払うための相談のために、
拾い主さんにその場で電話するように言われ、
お電話をしました。

電話に出られなくても、
警察の係の方の前で、
かけるようにとのことでした。

私の場合は、
相手の方が出てくださったので、
その場でお話をし、
直接お会いできそうになかったので、
御礼は振込させていただきたいと伝えると、
承諾していただけました。

警察からの書類には、
早めに5~20%の範囲で、
御礼をしてくださいとありました。


けっこう悩んだんですけど、
5%じゃあ少なく感じ、
20%じゃあ多いと思い、
ちょうど真ん中をとった金額を、
銀行で振り込みました。


失くしたものが、
全部戻ったわけではなく、
サブバックやその中身はなかったようです。

現金や通帳はあったのに、
あまり価値のないような、
サブバックや本や制服がどこへやら・・・


拾い主さんの話では、
とんでもない辺鄙なところに落ちていて、
ビックリしたとおっしゃっていました。。
メガネケースは、
踏みつぶされたって感じに壊れていましたし・・・

誰かに捨てられたって感じのようで、
いったい私は、
どこで失くしていたんだか?!

記憶がないので、
事実は分からずじまいですこの先も・・・


参加しています
よろしくお願いします




プロフィール

Author:cheshamaru
50代半ば・パート労働・子供2人(ディムとダム)・配偶者(さんがつうさぎ)あり。
2016年春、子供が社会人になった途端、配偶者が失業。
元々あった教育ローンやカードローンの支払いができないうえにますます借金が増殖。何としても60代に乗っかる前には返済終了を目指しています。
下流老人を目の前にして途方に暮れてるわけにもいかず、前を向くための日記です。

スポンサーリンク
最新記事
カテゴリ
ブログ村
頑張って続けていけるように参加してみました。
お気に入り
最新コメント
PR
おこづかい稼ぎにどうですか
アンケートモニター登録
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR